*

衝撃!?何でも買えるブラックカードで買えない物が判明。高須クリニック医院長が餌食に。

公開日: : 社会情勢


Sponsored Link


こんにちは、ヒロです。


ブラックカードというものをご存じだろうか?

クレジットカードには、ランクがある。

ブラックカードというものは、何も知らない人が効くと
ブラックリストに載った人のカードみたいなイメージがあるかもしれないが、
全く逆でブラックカードは、カードの最上位ランクである。

ブラックカードで変えないものはないと言われており、
よくたとえで言われるのがブラックカードがあれば、戦車でも買えるという言われ方をする。

しかし、今回ブラックカードで買えない、もしくは、購入するとカードがSTOPしてしまうという事態発生する事が
話題になった。

カードランクの紹介とブラックカードで買えないもの。。。について紹介したいと思う。


クレジットカードのランク


クレジットカードのランクは、上から

ブラックカード
プラチナカード
ゴールドカード
クラシックカード

となっている。

それぞれについてまず簡単に解説をおこなう。
身近なクラシックカードから順番に解説する。

クラシックカード

まず、一番下のグレードがVISAクラシックカード。年会費無料クレジットカードやリボ払い専用カードなど、年会費が無料からだいだい3,000円程度なVISAカードがこれにあたります。

有名なカードとしてはやはり三井住友VISAクラシックカードですね。他にも楽天カードやライフカード、ニコスカードといった主要なカード会社であればこれらのVISAクラシックカードを発行しています。


ゴールドカード


黄金に光り輝くVISAブランドのゴールドカードも、気付けば下から2番目のランク。もはやゴールドカードが一番上のカードではなく、こういってしまってはアレですが誰でも持つことが出来るVISAカードの部類に入るグレードとなります。

サービス内容としては色こそゴールドですが、VISAゴールドならではの保有メリットは乏しい状況…。ステータス制をクレジットカードに求めるなら、もう1つ上を目指しましょう。

昔は、ゴールドカードと言えば、特上のカードというイメージだったが、今はそんなに持つのは難しくない。。。

プラチナカード


VISAゴールドカードよりも上のランクに位置するのがVISAプラチナカード。黄金よりも白金のほうが価値が高いことから、この名前が付けられたと言われています。

VISAプラチナカードくらいになるとトラベルサービスやコンシェルジュデスクの利用など、保有者専用のサービスが一気に増える印象。当然、VISAゴールドカード向けに提供されているサービスも全て使える状況です。

ブラックカード

VISA InfiniteカードはVISAの最高峰ブラックカード。日本では現在、地方銀行であるスルガ銀行のみしか発行していないと言われています(三井住友カードでも発行していない)。

主にインビテーションと呼ばれる、カード会社側からの招待状がないと入手できないクレジットカードなので、入手難易度はかなり高いです。更にサービス内容はプラチナカードとゴールドカードを兼ね備えたものになっているので、旅行に出張に役立つこと間違いなしですよ。


ブラックカードについて詳しく解説

ブラックカードの特典として、特筆すべきなのが、コンシェルジュサービスでしょう。もちろん、このコンシェルジュサービスは付帯されていないカード会社もありますが、ブラックカードの年会費はコンシェルジュサービスのためにあると言っていいほどです。

ではこのコンシェルジュサービスとは一体何なんでしょうか?

コンシェルジュは「総合世話係」


コンシェルジュはフランス語で「集合住宅の管理人」という意味です。集合住宅の管理人は、様々な管理を行うことからこの言葉が拡大解釈され、ホテルのゲストの様々な要望に応える職務を担う人の職名として「コンシェルジュ」が採用されました。

現在ではホテルに限られず、コンシェルジュは様々な業界で取り入れられ、それはまた、クレジットカード業界にも取り入れられているのです。

オペレーターが24時間体制で何でも相談に乗ってくれる


ホテルのコンシェルジュは、サービスカウンターでホテルのゲストと会話をしますが、ブラックカードのコンシェルジュサービスでは、電話によってサポートを行っています。

大抵のコンシェルジュサービスが365日24時間体制でサービスを提供しており、いつでもサポートが受けられるようになっています。

肝心のサポートの内容ですが、ホテルのコンシェルジュと同様、会員の様々な要望に応えてくれます。
旅行の計画
各種交通機関の予約
レストラン予約
コンサート・舞台等の予約

以上のように、それはクレジットカード会社ではなくて、各専門の業者の窓口に電話した方が早いのでは?と疑問に思うようなことを、コンシェルジュサービスでは、一括して相談に乗ってくれるのです。

一般的にはカードの特典説明の所には上記のような例しか載っていませんが、基本的にはコンシェルジュはどんな相談も乗ってくれます。

例えば、海外のコンサートを見に行きたい、というときに、コンシェルジュに相談すれば、コンサートチケットの予約、往復の飛行機予約、現地でのレストランの予約、現地の案内人の手配などがまとめて一本の電話でできるわけですね。

同じ窓口で全て相談できるので、何かをしたいときに悩む必要がなくて便利です。

自分の時間を買うためのコンシェルジュ


一見ムチャ振りのように見えるような依頼でも、コンシェルジュサービスは受け入れてくれます。

観光地の宿泊で、祭りの時期などにどのホテルもネット上では予約がいっぱい!なんてときに、コンシェルジュを頼ると、コンシェルジュはなんと、電話でホテル一軒一軒に電話をかけて、条件に見合うホテルを探し出してくれるというのです。

もちろん、空きがなければ空室を無理やりあけてもらう、なんて荒業はできませんが、自分でやると何時間もかかるような手間ひまのかかる作業をコンシェルジュは代行してくれるんですね。

このホテルの例で言えば、もちろん探してくれるだけでなく、宿泊費の決済、予約も代行してくれます。

こんな時間のかかる予約を年に何度もコンシェルジュに丸投げして行えば、年会費の元も取れそうですが、まさにコンシェルジュとは自分の時間をお金で買うサービスですね。

ほかにも、レストランを予約したいときに、具体的なお店の名前は挙げず、いくつか条件を出してそれに見合うお店に行きたい、と言えばコンシェルジュが条件どおりのお店をピックアップしてくれます。

このように一見むちゃなようなことに見えても、手間ひまをかければ実行可能なことを叶えてくれるのがコンシェルジュだといっても差し支えないでしょう。

コンシェルジュサービスは会社によってサービス度が異なる


ブラックカードでもコンシェルジュサービスがない場合もありますが、もちろん、コンシェルジュサービスがあっても、全てのカード会社でサービスが同等ということはありません。

相談内容が例えば、「航空券を手配したい」と言えば、あるカード会社では「自分で手配した方が早いですよ」とバッサリ切り捨てられたり、他方で最高サービスの会社ではすぐさま希望を聞きだして予約してくれたり。

コンシェルジュに相談する内容はあくまで「予約代行」といった意味合いが強いサービスを提供する会社から、行く予定のない外国の現地でしか購入できない商品の購入といったムチャ振りに近い要望にも応えてくれるようなサービスを提供する会社まで様々です。

JCBザ・クラスの親しみやすいサービス




日本では絶大な威力を持つJCBですが、そのブラックカードの特典は比較的使いやすいサービスがあります。特にディズニーランドでの特典は必見です。

ブラックカードの中でもまずは比較的、ゆるい?と言っては失礼ですが、相応と思える特典をご覧ください。

年に一度配布される「ザ・クラス メンバーズ・セレクション」




JCBザ・クラスの所持者には、年に一度、夏に「ザ・クラス メンバーズ・セレクション」という冊子が配布されます。この冊子はいわゆるカタログギフトです。カタログから商品を選んでWEBかハガキで注文すれば、商品が手元に届くというシステムです。

商品は全体的に2万前後の商品が多く取り揃えられていますが、中には定価が3万円近くの商品も掲載されています。

JCBザ・クラスの年会費は52,500円ですが、このザ・クラス・メンバーズ・セレクションを利用すれば、2万円程度のバックがあるのと同じなので、実質は年会費は3万前後であると言っても差し支えないですね。

ちなみにJCBはディズニーと相性がよいですが、このザ・クラス・メンバーズ・セレクションの中には、東京ディズニーリゾート・パークチケットの4枚組や、東京ディズニーランドのペアランチ+パスポート2枚組なんていう商品もあります。

カードを持っているだけで、2万円クラスのカタログギフトが毎年もらえるなんて、その分年会費下げろよ、といいたくなりますが、ザ・クラス・メンバーズ・セレクションでしか受けられない特典もあるので、いわない方が懸命ですね。

ディズニーランドのJCBラウンジが使える


東京ディズニーランド内にあるアトラクションの中でも、ストームライダーとミクロアドベンチャーは、実はJCBが出資しています。その関係でこの二つのアトラクションでは次のサービスが受けられます。
アトラクション内のJCBラウンジが使用可能
待ち時間なしでアトラクションに乗れる

簡単に言うと、ラウンジで10~20分まったりと休憩したら、良いタイミングで係員が待ち時間ゼロでアトラクションまで案内してくれます。ラウンジにファストパスが1枚ついてる感じですね。

ただしこの特典には次の注意点があります。
完全予約制
利用できるのは年1回のみ
家族会員も使用可能だが、家族も含めて1回のみ
一度に入場できるのは4人まで

このような使用制限はありますが、繁忙期にも使えるのでとても便利です。

会員制レストラン「クラブ33」で食事ができる




東京ディズニーランドの中にある、一般には非公開にされている会員制の高級レストラン。それが「クラブ33」です。

クラブ33は会員制なので本来は一見のゲストは利用が不可能ですが、JCBのブラックカードをもってすれば、クラブ33での食事も可能です。

前述のザ・クラス・メンバーズ・セレクションで、このカタログギフトでしか得られない特典があるといいましたが、まさにこのクラブ33での食事が、ザ・クラス・メンバーズ・セレクションでしか受けられない特典です。

ザ・クラス・メンバーズ・セレクションの中に、ペアランチチケット+ディズニーランドパスポート2枚組の商品がありますが、このペアランチというのが、クラブ33での食事なんですね。

クラブ33は会員か、会員の紹介でしか食事ができませんが、会員のほとんどは法人会員で会社の重役などと言われています。利用しようにもそんな知り合いいないのが普通ですから、このJCBの特典がいかに特別なものかご理解いただけるでしょう。

レストランでの食事が1名無料になる


レストランの予約で受けられる素敵な特典が、レストラン予約を2名以上で行うと1名の料金が無料になる場合があるというものです。

どういうことかと言うと、2万円のコースメニューを2名分予約すると、会計は2万円で、実質1人1万円で食事ができるというわけです。

カード持ってるだけだよ!?と言いたくなります。本当に。こんな料金の食事をとる機会は年に何回もはありませんが、3回2名で2万円のコースを予約しただけで、年会費の元が取れてしまう計算になります。

そんな特典をつけても、充分クレジットカード会社が利益が出るほど、ブラックカード保持者はクレジットカードで買い物をする、と考えるとすごいですね。

最上級のサービス!アメックスセンチュリオンカード




他の著名なブラックカードの年会費平均が13万程度であるところを、アメックスセンチュリオンカードは、年会費が36万超えと群を抜いてぶっとんだ金額に設定されています。

その金額のわけには、きちんとぶっとんだ最上級の特典がついています。

「NO」を言わないコンシェルジュサービス




アメックスセンチュリオンカードのもっともすごいところが、コンシェルジュサービスです。なんと、会員一人一人に専用の専任コンシェルジュが2人もついてきます。

もちろんコンシェルジュが利用できるのは24時間365日だというから驚きです。もちろん、専任コンシェルジュが鉄人で24時間稼動してくれる訳ではないので、専任コンシェルジュと話せるのは10:00~18:30までと決まっています。

しかしながら、対応時間であればいつでも同じ担当者と話ができる、というのはすごい話です。

専任コンシェルジュは、旅行専門のトラベルコンシェルジュとそれ以外の相談のパーソナルコンシェルジュに分かれています。年会費は364,500円ですが、年会費で何でも相談できる執事のような選任コンシェルジュを2人雇えると思えば安いものです。

何しろ月給に換算したら一人当たり1ヶ月15,000円という計算になりますから、安すぎるくらいです。カードを所持するだけで、執事が2人もつくなんてすごいを通り越してもはや怖いですね。

しかもこのアメックスのコンシェルジュサービスのすごいところは、「NOを言わないサービス」として有名なところです。実現不可能なことはもちろんできませんが、要望に対してはできる限りの対応をしてくれるとのことです。

いつでも最上級のサービスが受けられる


提携ホテルを予約すると、通常の宿泊料金で、スイートルームに無料でアップグレードして泊まることができます。

また、飛行機はアメックスと提携している次の4社では、ファーストクラスが空いていれば、いつでも自動アップグレードされます。
デルタ
USエアウェイズ
ヴァージン・アトランティック
ノースウェスト

しかも、アップグレードされるだけでなく、年4回までは同行者の料金が無料になります。

もしもファーストクラスでは満足できない、という人にはコンシェルジュに一本電話を入れるだけで、ジェット機のチャーターまでできてしまいます。

そして海外旅行の間は、数億円規模の海外旅行障害保険が自動付帯するので、旅行中も安心です。

ショップやレストランでも、紹介制のお店や予約の難しいレストランでの食事も可能です。

アメックスのブラックカードがあるだけで、様々な場面で最上級のサービスが受けられるんですね。

ポイントプログラムの究極の景品


アメックスには「メンバーシップ・リワード」というどこのクレジットカード会社にもあるだろうポイント制度がありますが、その交換できる商品はほかにはないものがあります。

カードを利用した金額に応じて、ポイントが溜まり、その溜まったポイントで商品と交換できるというシステムですが、その商品の中には高額すぎるものも存在します。

それが、宇宙旅行です。

見間違いじゃありません。クレジットカードのポイント交換プログラムで、宇宙旅行ができるんです。高額とかなんとかそれ以前の問題でしょ、と突っ込みたくなるくらいです。

ちなみに100円1ポイントで2200万ポイントで宇宙旅行が可能で、2200万ポイントはつまり22億円です。これこそぶっとんだ特典ですね。

ブラックカードのインビテーションを得るためには?


インビテーション(招待状)を得るためには、ゴールドカードに申し込み利用実績を積むことから始まります。

アメックス・センチュリオンカードの例で流れを分かりやすく説明いたします。


アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード


①アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードに申込をしてゴールド会員になる
  ↓
②アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードで利用実績を積み上げる
  ↓
③プラチナカード会員への招待状が届き、プラチナ会員になる
  ↓
④アメリカン・エキスプレス・プラチナカードで利用実績を積み上げる
  ↓
⑤カード会社から「ブラックカードを持つにふさわしい」と判断される
  ↓
⑥アメックス・センチュリオンカード(ブラックカード)の招待状が届く

アメリカン・エキスプレス・カードの利用限度額は、利用実績に応じて増額します。

インビテーションを受けるには毎年出来る限り多くの金額をアメックスカードで決済し、利用実績を積み上げる必要があります。

誰もが憧れるセンチュリオンカードの招待は、プラチナカードを保有している人の中から選ばれるのです。

プラチナカードホルダーになる為には、ゴールドカードで利用実績を積み、招待を受けなければなりません。

近年アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの審査ハードルは以前より下がっていて、ゴールドカードの中でも比較的審査基準が甘くなったと言われてます。

アメックスゴールドの入会基準は以下の通りです。
25歳以上
日本国内に定住所がある
定職についている

安定した収入の職業についていれば、年収300万円未満の方でもアメックス・ゴールドの会員になれるほど、昨今では審査基準が甘くなっているのです。

時代の流れとともに審査基準も変化しているのですね。

断定はしかねますが、他社クレジットカードや消費者金融での延滞履歴がなければ、問題なく発行できると思われます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは審査基準が甘くなったにも関わらず、ブランドイメージはとても高くゴールドカードの中でも一際ステータスが高い最高位の位置づけです。

憧れのセンチュリオンカードの招待を受ける登竜門として、まずはゴールドカードに申し込み、世界最高峰のブラックカード・アメックス・センチュリオンカードへの扉を開いてみませんか?

せっかくの特典も使いこなせなければ意味がない



ブラックカードのぶっ飛んだ特典たちはいかがでしたでしょうか。アメックスの後にJCBの特典を見直してみると、とっても親しみやすいと感じてしまうほど、アメックスの特典はすごいですね。もちろんJCBの特典も充分すごいのですが。

ブラックカードを所持するからには、特典を使いこなして、使い倒すくらいの生活をしないと意味がないようですが…

それはつまり、高級ホテルやレストランの日常的な利用や海外旅行などに行きまくる生活ということなので、万が一所有できたとしても一般庶民にはブラックカードの使い倒しは難しいです。

ブラックカードで購入したら利用STOPになってしまうものとは?

あるセレブがブラックカードであるものを購入してカードがSTOPしてしまったという事が話題になりました。

そのセレブとは、高須クリニックの高須医院長です。

高須医院長と言えば、最近話題になったのは、ポケモンGOでポケモンを集めるためにヘリコプターを出動させたというニュースが
話題になりました。

それだけポケモンGOにはまっている高須医院長が買ってしまったものは?
もう想像つきますよね?

「要はポケモンGOに課金を繰り返した。」このことが原因でカードがSTOPしてしまったそうです。

ブラックカードとは、普通高額の買い物で使用されるもの。

もちろん、小さな買い物にも使う事もあるかもしれませんが、
少額課金を繰り返す行為で「少額の不審な動きがあったため」という事でSTOPしたもよう。

おそらく、普段から小さい買い物にも大きな買い物にも使用していれば、大丈夫なのでしょうが、
普段とまったく違うお金の使い方にカード会社側が別人が使用してるのではないか?
と警戒したものと思われます。

別人が使っていて大きな買い物を万が一されたら保証も大変なことになるのでという事でしょう。

何でも買えると言われていたブラックカードにも買えないものが見つかった瞬間でした。






ブログ村のトレンドニュースの注目記事で1位になった記事です。

消費税について考察

良かったらブログランキング2つクリックしてやってください。
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュース ブログランキングへ

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

関連記事

no image

軽減税率と消費税の引き上げ。税金増加率考察。減収、日用品の対象品目はいかに?

こんばんは、ヒロです。 最近軽減税率が話題になってますね。 この軽減税率、消費税

記事を読む

no image

東京オリンピック日本のテロ対策の秘策自販機スマートベンダーとは?

こんにちは、ヒロです。 日本もとうとうテロ対策に本気で乗り出したみたいです。 東京オ

記事を読む

no image

マイナス金利とは?ローン金利や保険商品や為替への影響

こんにちは、ヒロです。 マイナス金利について報道がされて日にちもたちますが、マイナス金

記事を読む

no image

ホームグロウンテロ。ネットを使った新しいテロリスト育成の現状。

ホームグロウン(Home Grown)テロ 現代のテロリスト育成手段と裏工作。 現代のト

記事を読む

no image

速報。ゲス川谷離婚&5月10日午前3時池上解説でも解説のパナマ文書公開で各国の金持ちの隠し財産公開

こんにちは、ヒロです。 各国のお金持ちの隠し財産がパナマ文書にて公開されました。日本企

記事を読む

no image

AMAZON(アマゾン)コンビニ進出で既存コンビニで万引き被害が多発する2つの理由

こんにちは、ヒロです。 インターネットでロングテール戦術を用い成功したアマゾンが小売店

記事を読む

no image

炎上した一般人の人生の行く末は天国と地獄の両極端に分かれる件

こんにちは、ヒロです。 インターネットは恐ろしいものでツイッターやブログのちょっとした

記事を読む

no image

消費税増税延期で税収が見込めないのはパレートの法則から当然の結果

こんにちは、ヒロです。 消費税増税の時期が延期になったようですね。 消費税増税で税収

記事を読む

no image

日本の不幸を喜ぶ韓国のAV機器の信頼度失墜。日本国内で韓国経済が立ち直るために必要な事とは?

こんにちは、ヒロです。 熊本地震からもうすぐ半年経ちますが、大きな被害を受けたソニーが

記事を読む

no image

過去のイジメで大炎上した原田竜輝さんが今後の人生で成功するたった一つの方法。

過去のイジメで大炎上した原田竜輝さんが今後の人生で成功するたった一つの方法。 こんにちは、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • 各種情報商材検索 ※「投資」など自分が調べたいキーワードで情報商材の 検索が出来ます。参考にどうぞ。
               
  • Top television blogs}
PAGE TOP ↑