*

フィリピンのドゥテルテ大統領の華麗なる実績と危険な発言と殺人団の正体とは?

公開日: : 社会情勢


Sponsored Link


こんにちは、ヒロです。

フィリピンのドゥテルテ大統領がフィリピンのトランプ氏と話題です。まだまだ就任したばかりでどんな人物かよくわかってないので調べてみます。

ドゥテルテ大統領誕生

image
 フィリピンの大統領選でロドリゴ・ドゥテルテ氏(71)が勝利した。南部ミンダナオ島のダバオ市長として、超法規的なやり方で治安を改善した実績を誇るドゥテルテ氏。そこに強いリーダーシップを見いだし、変革への期待を託した有権者が多かったようだ。選挙戦で過激な発言を連発し、「フィリピンのトランプ氏」とも呼ばれた次期大統領は、どんな人物なのだろうか。

image
地元のダバオ市で、リラックスした様子で記者の質問に答えるドゥテルテ氏(9日)=写真 小谷裕美

■市長が「暗殺団」指揮?


南部ミンダナオ島のダバオ市で検事を務め、1988年に同市長に就いた。市長は3選までという規定のため、娘を市長にした時期もあるが、事実上の長期政権が続く。

フィリピン版「トランプ人気」 革命30年の不信映す(4月18日)
ダバオには司法手続きを介さず犯罪者を殺害する「暗殺団」が存在する。麻薬ディーラーなどの命を超法規的に奪う組織で、ドゥテルテ氏が指揮するとされるが真相は不明。

異端の市長、不満吸い込む 比大統領選勝利のドゥテルテ氏(5月10日)
「犯罪者は法の範囲内で殺害する」「私が大統領になれば、血を見る機会が増える」などの発言がある。「犯罪バスター」の異名を持つ

フィリピン版「トランプ人気」 革命30年の不信映す(4月18日)
image
選挙戦の討論会に集まったドゥテルテ氏の支持者ら。経済成長のなかで、市民の間で格差が拡大したことへの不満を持つ人も多かったとされる

■過激発言で物議 トランプ氏に似る?


ドゥテルテ氏はその過激な発言から、米大統領選と絡め「フィリピンのトランプ氏」と呼ばれることも。オーストラリア人女性がレイプの末に殺害されたことをジョークの種にし、同国や米国の大使から非難されたが、ドゥテルテ氏は「黙れ、両国と関係を切ってもいい」と切り捨てた。

image
異端の市長、不満吸い込む 比大統領選勝利のドゥテルテ氏(5月10日)

image
9日に行われた投票の様子(マニラ市の投票所)=写真 小谷裕美

■庶民派の顔…実はエリート


選挙戦の終盤にかけて急速に支持層を広げたのは、エリート政治家にはない庶民的なイメージを前面に出す戦略に成功したからだ。常にジーパン、カジュアルシャツ姿。長袖は腕まくりし、襟をだらしなくはだける。

だが同氏自身も実はエリートだ。父は知事、母は教師の家庭に育った。

庶民派…実はエリート 自身に蓄財疑惑も(5月11日)

■政策はまだ… 対中外交に注目


 当選を決めたものの、その政策はいまだに明確とはいえない。

ドゥテルテ氏は、威勢のいい言葉とは裏腹に、選挙戦では経済政策の具体案にほとんど触れなかった。

ドゥテルテ氏、出稼ぎ中間層が支持(5月13日)
image
7日、首都マニラで支持を呼びかけたドゥテルテ氏。政策の詳細については多くを語ってこなかった=写真 小谷裕美
 そんななかで国際的に注目されたのが、中国を巡る発言だ。フィリピンは海上航路の要衝である南シナ海で中国と領有権を巡って争っており、海洋安全保障の上で重要な位置にあるからだ。

「祖父が中国人だから中国と戦争しない」と述べ、中国との対話の重要性や南シナ海での共同資源探査の可能性を示唆するなど、一見すると中国寄りの姿勢が注目された。だが「(中国と領有権を争う)スカボロー礁に行って旗を立てる」とも発言。「南シナ海問題は多国間で協議する」との見解は、あくまで二国間問題として米国などの介入を排除しようとする中国と相いれない。融和か強硬か、現時点で対中姿勢は見通しにくい。

image
安保・経済、波乱の芽 比大統領にドゥテルテ氏(5月10日)
出典 日経新聞より


ドゥテルテ大統領率いる殺人団の正体

フィリピン第三の都市、ダバオ市で市長をしていた頃に度々問題になっていたらしい暗殺団ダバオ・デス・スクワッド。犯罪者を殺す組織だそうで、ドゥテルテはその活動を容認し、そもそも組織に大きく関与してるのでは?とか言われていたそう。

この組織、1998-2008年の間に約1000人の殺人に関わったと言われていて、特に2005-2008年の間に700人を殺人。1人/2日というペースを考えると驚異的な数字。

ちなみに構成メンバーは現役警官と元警官だそうで、正義の炎を燃やしてるのか殺人を楽しんでるのか、それとも単純に金がもらえるからやってるのか…(1人あたり$100-1000貰えると報告されてる)

2009年にはドゥテルテは「俺がダバオ市長でいる限り、犯罪者は正当な暗殺対象」とも言ってる。

端的にすごい。実際このおかげかどうかは知らないけど治安がめちゃよくなったらしく、少なからずドゥテルテの支持率を支える要素となってる模様。フィリピンって聞くと「うんうん」って感じだけど、日本に置き換えれば相当いかれたことやってるなってわかる。



時代はすごい。イスラム国みたいな修羅の国が世界を揺るがして、「強い国」ってのは潜在的にも誰もが求めることだとは思うけど。日本なんかは軍隊を名目上持たないからいいけども、日本の誰もが「世界の警察アメリカさん、イスラム国を滅ぼして!」って思ってるでしょ?思ってない?

自分の生活圏と遠ければ遠いほど勧善懲悪のような圧倒的暴力・正義の力には期待をしてしまうけど、自分の国で起こるとなると勘弁してくれって感じだ。とは言え、治安の良い(とされる)日本にいながらにして、治安の悪い国における国民意識は知る由もなし。まあフィリピンが治安悪い、とは断言しないけど。

まとめ

悪を絶対許さないと言う強い意思が見えますね。法律で捌けない悪も捌いてやろうと言う勢い。
もし、デスノートがあれば、リアルキラになるかもしれないですね。
今後かなり、注目の人物です。

下手したら中国に対しても何かするかもしれないですね



ブログ村のトレンドニュースの注目記事で1位になった記事です。

消費税について考察

良かったらブログランキング2つクリックしてやってください。
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュース ブログランキングへ

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

関連記事

no image

長時間労働に対する行政指導が一般社員を逆に過労死に至らしめる3つの理由

こんにちは、ヒロです。 企業の長時間労働に対して行政が動き出しましたが、企業の実態を知

記事を読む

no image

18歳で選挙権!?日本にいる貧困層や若い世代ほど選挙に行くべき理由と安倍マリオ効果と海外の反応<<リオオリンピック、サミット>>

こんにちは、ヒロです。 18歳で選挙権が発生して数か月がたちますが、皆さん選挙には行っ

記事を読む

no image

4月23日池上彰のニュースそうだったのか完全保存版完全文書化。タックスヘイブン。かかりつけ医。年金損失。補欠選挙。北朝鮮。

こちらもオススメです。 池上解説これぐらいは知っておこうスペシャル 池上彰完全文書化第一

記事を読む

no image

速報。ゲス川谷離婚&5月10日午前3時池上解説でも解説のパナマ文書公開で各国の金持ちの隠し財産公開

こんにちは、ヒロです。 各国のお金持ちの隠し財産がパナマ文書にて公開されました。日本企

記事を読む

no image

東京オリンピック日本のテロ対策の秘策自販機スマートベンダーとは?

こんにちは、ヒロです。 日本もとうとうテロ対策に本気で乗り出したみたいです。 東京オ

記事を読む

no image

速報!?金正男氏北朝鮮の工作員の毒針攻撃による痛恨の一撃で死亡で中国と激突か!?唯一まともな金一族

こんにちは、ヒロです。 北朝鮮の独裁者の金正恩(キムジョンウン)の兄、金正男(キムジョ

記事を読む

no image

第2の3億円事件か!?警官に扮した犯人グループが6億円の金塊強奪。犯人は誰?

こんにちは、ヒロです。 福岡市博多区で警官に扮した犯人グループに6億円分の金塊が盗まれ

記事を読む

no image

舛添要一氏の政治資金の使い道の批判の前に一度政治家実績や有権者の利益を考えてみよう

こんにちは、ヒロです。 舛添さん等々とんでもないあだ名がつきましたね。 その名も「ト

記事を読む

no image

池上解説で又吉が話した人工知能小説が星新一賞の一次審査通過

こんにちは、ヒロです。 3月19日の池上彰のニュース解説これぐらいは知っておこうSP

記事を読む

no image

一年の計は元旦にあり、あけましておめでとうございます。メンタルリセット?早くも2016年流行語大賞候補?

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 こんばんは、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • 各種情報商材検索 ※「投資」など自分が調べたいキーワードで情報商材の 検索が出来ます。参考にどうぞ。
               
  • Top television blogs}
PAGE TOP ↑