*

2017年版7月28日は世界肝炎デーです。肝炎デーの由来や肝炎について紹介

公開日: : 最終更新日:2017/07/01 はやりもの


Sponsored Link


こんにちは、ヒロです。
世界肝炎デーらしいです。
肝炎について考えたことがなければ全くどんな日なのか想像つかないですね(⌒-⌒; )
世界肝炎デーの由来や肝炎がどのような物なのかみて行きましょう


世界肝炎デー(World Hepatitis Day)とは?

2010年5月の世界保健機関(WHO)総会で7月28日を世界肝炎デーとすることを決議。
2004年にヨーロッパと中東の患者のグループが10月1日の「国際C型肝炎啓発デー」として始めたのが始まりで、2007年まで実施された。2008年に世界肝炎アライアンスが5月19日の「世界肝炎デー」を制定した。

ウイルス性肝炎の基礎知識

肝炎とは、肝臓の細胞に炎症が起こり、肝細胞が壊される病態です。その原因には、ウイルス、アルコール、自己免疫等がありますが、日本においては、B型肝炎ウイルスあるいはC型肝炎ウイルス感染による肝炎がその多くを占めています。

慢性肝炎ウイルス感染者(B型肝炎、C型肝炎)は日本で210〜280万人いると推測されています(2011年時点)。また、肝炎ウイルスに感染している人は40歳以上の方が9割以上を占めていますが、最近B型肝炎において若い人の感染も増加しています。

肝炎ウイルスに感染していても検査をできるだけ早く受けて感染を知り医療機関で適切な治療を受けることで肝硬変や肝がんといった深刻な症状に進行するのを防ぐことができます。現在、ウイルス性肝炎は治る、もしくはコントロールできる病気になっています。ウイルス性肝炎についての正しい知識を得て、早期発見・早期治療に結びつけましょう。

※当サイトでは、B型肝炎、C型肝炎を中心に紹介しています。


肝炎ウイルスとは?

肝炎ウイルスには、A型、B型、C型、D型、E型などがあり、A型・E型肝炎ウイルスは主に水や食べ物を介して感染し、B型・C型・D型肝炎ウイルスは主に血液・体液を介して感染します。これらのウイルスは主に肝臓に感染し、炎症を引き起こします。それがウイルス性肝炎です。

■A型肝炎ウイルス

主に水や食べ物を介して感染します。日本も以前は感染者が多かったのですが、衛生状態の改善により、感染者は劇的に減少しています。ところが、感染者の減少に伴いA型肝炎に対する抗体を持っている人の割合も減少してきています。特に若い人の抗体保持者は少なく、そのような人が衛生状態の悪い国において感染、もしくは輸入食品で感染する事例が多く報告されています。また、男性同性間の性的接触により感染する場合もあります。慢性化することは、ほぼありません。A型肝炎ウイルスにはワクチンがあるため、ワクチン接種により予防することができます。

■B型肝炎ウイルス

主に血液・体液を介して感染します。以前は、B型肝炎の主な感染ルートは母子間(垂直感染)でしたが、わが国では1986年にB型肝炎の母親から生まれてきた子供に対し、ワクチン接種が開始されて以来、母子感染は激減しました。また、近年ではしっかりとした感染対策が取られ、輸血を含め、医療行為による感染はほとんどなくなりました。B型肝炎ウイルスが免疫機能の正常な成人に感染した場合は、ほとんどが急性肝炎の形態を取り治癒します。しかし、健康成人が感染しても慢性化しやすい欧米型のB型肝炎(ジェノタイプ A)が、特に性的接触等により増加しています。B型肝炎ウイルスに対するワクチンがあり、多くの方でワクチン接種による予防が可能です。

■C型肝炎ウイルス

B型と同じく、主に血液を介して感染します。以前は輸血による感染が非常に問題となっていましたが、1992年に輸血血液についてより高感度なC型肝炎ウイルス抗体検査が導入されたことにより、輸血による感染はほとんどなくなりました。性的接触による感染は少ないのですが、覚せい剤等の注射の回し打ち、入れ墨(タトゥー)等の針の使いまわし、不衛生なピアス処置などにより感染します。

■D型肝炎ウイルス

血液等を介して感染しますが、B型肝炎ウイルスに感染している人にのみ感染します。D型肝炎ウイルスの重感染により、肝炎が増悪することがあります。

■E型肝炎ウイルス

主に水や食べ物を介して感染します。近年、わが国においては豚、イノシシ、シカのレバーや加熱不十分な肉の摂食によりE型肝炎を起こした例が複数例報告されています。慢性化することはありませんが、妊婦が感染した場合、重篤な経過をとることが報告されています。

B型肝炎について

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスに感染している人の血液や体液を介して感染することにより起こる病気です。感染経路としては、出産時のB型肝炎ウイルス感染者の母親から子への感染(垂直感染)とそれ以外の感染(水平感染)とがあります。B型肝炎は感染した時期や健康状態によって、一過性感染で終わる場合と6カ月以上にわたって感染が持続する持続感染とに分けられます。現在の日本の感染者は110万人~125万人(2011年時点)と推定され、その多くは60歳以上の高齢者ですが、近年では性的接触等による若年者の感染も増えています。

①垂直感染と水平感染


■垂直感染:母子感染

母子感染とは、出産時に産道においてB型肝炎ウイルスに感染したお母さんの血液が赤ちゃんの体内に入ることにより感染が起こることです。日本においては、1986年以降、母子感染予防対策が行われるようになっており、出産時でのB型肝炎ウイルス感染はほとんど防げるようになっています。

■水平感染:性的接触・輸血・臓器移植・刺青・針刺し事故等

以前は輸血、集団予防接種での注射器の使いまわし、医療者における針刺し事故等がありましたが、輸血血液については1972年以降、集団予防接種では1988年に感染予防対策が取られ、また、医療者の針刺し事故等もワクチンの予防接種導入により、ほとんど感染例はみられなくなってきました。しかし、現在では性的接触、入れ墨(タトゥー)等における針の使いまわし、覚せい剤等の注射の回し打ち等による感染者が増加しています。特に性的接触感染では、従来の日本のウイルスとは異なる欧米型のウイルスが流行しています。

②一過性感染と持続感染


■一過性感染

思春期以降にB型肝炎ウイルスに感染した場合には、多くの場合は一過性感染で終わります。急性肝炎を起こすことがありますが、大部分の人ではウイルスが排除され、慢性化はしません。また自覚症状がないうちにウイルスが排除される人もいます。ただし、急性肝炎を発症した人の中には、急激に症状が悪化して劇症肝炎を発症し、死亡する例もあります。また近年では、欧米型のウイルス(ジェノタイプA型)による急性肝炎が増加しており、そのうち10%は慢性肝炎に移行するとの報告もあります。

■持続感染

出産時の感染や、乳幼児期に感染した場合は、免疫機能が未熟なためウイルスを排除することができない持続感染者(キャリア)となる場合があります。持続感染者が思春期から30歳頃になると免疫機能が発達するため免疫細胞がウイルスを排除しようとします。その際、感染している肝臓の細胞も一緒に壊してしまうため、肝炎を発症します。多くの場合、肝炎の症状は軽いですが、B型肝炎ウイルス感染者の10~20%の人は慢性肝炎へと進行し、その中から肝硬変、肝がんを発症する人も出てきます。


C型肝炎について

C型肝炎は、感染している人の血液や体液を介してC型肝炎ウイルスに感染することにより起こる肝臓の病気です。日本の感染者は100万人~150万人(2011年時点)と推定され、その多くは60歳以上の高齢者です。しかし近年の新規感染者は若年者が多く、覚せい剤等の注射の回し打ちや入れ墨(タトゥー)やピアス等の針の使いまわしによるものと推測されています。

C型肝炎ウイルスに感染すると約70%の方が持続感染となり、慢性肝炎、肝硬変、肝がんと進行しますが、自覚症状がないことも多く、感染していることを知らない方や知っていても医療機関に受診されていない方が多いのが現状です。C型肝炎ウイルスに感染すると約70%の方が慢性肝炎を発症します。その後、およそ20年で約30~40%の人が肝硬変となり、そのうち年率約7%の方が肝がんへと進行します。わが国の肝がん患者の70%はC型肝炎ウイルス感染者であり、年間3万人の方が肝がんにより亡くなっています。


検査を受けた方が良い方

以下の方は特に、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べるための検査を受けることをお勧めします。

これまでB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス検査を受けたことがない方
ご自身のB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス検査の結果をご存じでない方
ご家族にB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスに感染している方、肝がんの患者さんがいる方

健康診断の血液検査で肝機能検査

(AST(GOT)、ALT(GPT))の値の異常を指摘されたが、まだ医療機関を受診されていない方
母子感染予防策が実施されていなかった1985年(昭和60年)以前に生まれた方
輸血や大きな手術を受けた方
入墨(タトゥー)を入れたり、医療機関以外でピアスの穴をあけたことがある方
B型肝炎ウイルスには以下のような感染経路も考えられます。

集団予防接種の際に注射器の連続使用が行われた場合
※国は予防接種実施規則により、昭和33年に注射針について、昭和63年に注射筒について、被接種者ごとに取り替えることを定めています。
なお、肝機能検査上、異常がない場合でも肝炎ウイルスに感染している場合がありますので、一生に一度は肝炎ウイルス検査を受けることをお勧めします。

周りへの感染を防ぐために

B型およびC型肝炎ウイルスは、体内で主に肝臓と血液中に存在します。そのため、感染している人の血液が自分の体の中に入ると感染する危険性があります。しかし、日常生活において基本的な注意事項を守っていれば、感染することはほとんどありません。

特に以下のことに心がけましょう。

他人の歯ブラシやカミソリなどは使用しない。
感染した人の血液や分泌物がついたものは、他の人が触れないよう、しっかり包んで捨てる。また、それを洗濯する場合は漂白剤に付けた後、流水でしっかり洗い流し、他の人の洗濯物とは分けて洗濯し、日光にあてて乾かすようにする。
けが等の手当ては、できる限り自分で行い必要があれば医療機関に受診する。他人のけが等の手当てを手伝う場合は、肝炎ウイルス等に感染している可能性も考え、手袋を装着するなど、血液や分泌物に直接触れないように行う。万一、他人の血液が付着した場合は流水でしっかりと洗い流し、心配であれば検査を受ける。
感染している人との性的接触には、コンドームを使用する。
B型肝炎ウイルスには有効なワクチンがあります。感染予防のために予防接種を受けましょう。なお、C型肝炎に対するワクチンは現在のところ、ありません。

まとめ

肝炎も幾つかあって治るもの治らない物とあるんですね。
ワクチンがない物は今後ワクチンも見つかると思うが、予防出来ることはみんなきちんとするようにしましょう。





ブログ村のトレンドニュースの注目記事で1位になった記事です。

消費税について考察

良かったらブログランキング2つクリックしてやってください。
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュース ブログランキングへ

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

関連記事

no image

2016年版9月17日はモノレール開業記念日。由来や定義、歴史や種類について紹介します。

こんにちは、ヒロです。 9月17日はモノレール開業記念日です。 由来やモノレール

記事を読む

no image

2017年版7月19日はサイボーグ009の日。石ノ森章太郎の漫画かとしての実績とは?

こんにちは、ヒロです。 7月19日はサイボーグ009の日らしいです。 名前は聞いたことあ

記事を読む

no image

2017年版7月11日は世界人口デー。世界人口の定員は何人?100億人までの期間。推移紹介。

こんにちは、ヒロです。 世界人口デーとは? 世界人口デー(World Pop

記事を読む

no image

2016年版11月21日は世界テレビデー&インターネット記念日。記念日にまで侵食?

こんにちは、ヒロです。 11月21日は世界テレビデー&インターネット記念日。 昔に比

記事を読む

no image

毎月30日はみその日。味噌の種類や製法レシピなどのオススメ紹介

こんにちは、ヒロです。 味噌の日とは?  毎月30日は「みその日」です。

記事を読む

no image

2016年版10月26日は原子力の日。由来や原子力発電の歴史について紹介します

こんにちは、ヒロです。 10月26日は元気力の日です。 由来や原子力発電の歴史を紹介

記事を読む

no image

2017年版7月5日は穴子の日。鰻との値段の違いや美味しさの違いは?

こんにちは、ヒロです。 穴子の日とは? 穴子の日(あなごのひ)は、日本の記念日の

記事を読む

no image

2016年版10月14日は鉄道の日。由来や鉄道の魅力や用語テツの種類について紹介

こんにちは、ヒロです。 10月14日は鉄道の日です。 由来や鉄道の魅力について紹介し

記事を読む

no image

毎月1日はあずきの日。ダイエットにも適した食材で食物繊維が豊富。あずきの素晴らしさについて紹介

こんにちは、ヒロです。 あずきの日とは? 毎月1日。井村屋グループ株式会社が

記事を読む

no image

2016年版11月9日は119番の日。由来や歴史、緊急電話に関するエピソードを紹介

こんにちは、ヒロです。 11月9日は119番の日です。由来や119番の歴史、緊急電話に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • 各種情報商材検索 ※「投資」など自分が調べたいキーワードで情報商材の 検索が出来ます。参考にどうぞ。
               
  • Top television blogs}
PAGE TOP ↑