*

2016年年版7月6日は零戦の日。零戦プロジェクトの紹介や映画の紹介など、零戦の日を楽しもう

公開日: : はやりもの


Sponsored Link


こんにちは、ヒロです。

7月6日は零戦の日です。
零戦は戦時活躍した日本の戦闘機だというのは皆さんご存知でしょうが、現在ではほとんど残ってないようです。しかし、日本人で保有者がいるらしく、飛ばしてみたいと思ってらっしゃる方がいるようです。
零戦とはどんなものか?や零戦に対する強い想いを持った方の話を紹介したいと思います。

零戦の日とは?

 零式艦上戦闘機、いわゆるゼロ戦の試作器による試験飛行が始まったのが1939(昭和14)年のこの日です。
 ゼロ戦は「小回りが利き、飛行距離の長い戦闘機を」という海軍の要求で堀越二郎が設計しました。

零戦とは?

概要


零式艦上戦闘機(れいしきかんじょうせんとうき)は、第二次世界大戦期における日本海軍(以下、海軍と表記する)の主力艦上戦闘機。零戦(「ぜろせん」:戦時中は「れいせん」)の略称で知られている(以下、零戦と表記する)。試作名称は十二試艦上戦闘機。連合軍側のコードネームは『ZEKE(ジーク)』。 日中戦争(支那事変)から太平洋戦争初期にかけて、2,200 kmに達する長大な航続距離・20mm機関砲2門の重武装・優れた格闘性能を生かして、米英の戦闘機に対し優勢に戦い、米英のパイロットからも「ゼロファイター」と呼ばれた。太平洋戦争中期以降には、アメリカ陸海軍の対零戦戦法の確立やF4UコルセアやF6Fヘルキャットなど新鋭戦闘機の大量投入で劣勢となったが、後継機の開発の遅れによって、終戦まで日本海軍航空隊の主力戦闘機として運用された。また、用途も拡大して、戦闘爆撃機や特攻機としても使われた。

開発元は三菱重工業(以下「三菱」という)。三菱に加え中島飛行機でもライセンス生産され、総生産数の半数以上は中島製である。生産数は日本の戦闘機では最多の約10,000機[1]。

零戦プロジェクト紹介

唯一日本人所有の「零戦」を、また日本の空で飛ばそう!



この夢を、皆で実現させたい!


皆様、はじめまして、㈱ゼロエンタープライズ・ジャパンの石塚政秀と申します。私は、8年前から会社経営の傍ら日本海軍艦上戦闘機『零戦』の日本里帰りの活動を進めて来ました。現在、残念ながら日本人が所有している飛行可能な零戦は、私の所有する本機だけです。「日本人が零戦を所有するチャンスは来ないのではないか・・・私たちの手で再び日本の大空を飛ばせよう!」と決意し、7年掛りで準備を進め、そして遂に今年11月5日に入国が完了しました。

この零戦を終戦70周年である来年度に日本で飛ばしたい!来るその日まで万全な状態を維持するために、今回第一弾として、専門家による組み立てメンテナンス費用として2000万円が必要です!

image

(入国が完了した本機)

image

日本海軍艦上戦闘機『零戦』の、

日本里帰りプロジェクト立ち上げに至るまで。


私は、二十歳から世界の80ヶ国の国々を旅して30年前にニュージーランドに移住しました。27年前に永住権取得後に貿易会社を設立し、25年前にリアルマッコイズ・ニュージーランド、リアルマッコイズ・ジャパンを設立し、日本のアメリカン・カジュアルの中でマーケットリーダーとして1990年初頭から活動を続け、現在はフライトジャケットメーカー「The FEW」を展開しています。その活動の中で、世界の航空関係者、米空海軍、英国空軍との関わり、ハリウッド映画の製作衣装製作などを行い、8年前から会社経営の傍ら日本海軍艦上戦闘機『零戦』の日本里帰りの活動を進めて来ました。
image

(実行者の石塚さんです。 写真引用元:GIGAZINE)


大戦以前の技術革新と国民の勤勉さから誕生した、

世界最高峰の戦闘機『零戦』。


零式艦上戦闘機(れいしきかんじょうせんとうき:零戦)は、第二次大戦勃発当初、全て性能において世界最高峰の戦闘機でした。零戦は二次大戦開戦当時、その航続距離や旋回性能において世界の頂点に立っていた飛行機です。大戦後の日本が敗戦の中から高度成長期を迎えられたのは大戦以前の技術革新と国民の勤勉さがあったからです。
image

(修復が完了して塗装前の本機)
image
(パプアニューギニアで発見当時の本機)


日本人が所有している飛行可能な零戦は一機のみ。


現在、残念ながら日本人が所有している飛行可能な零戦は本機だけです。私は、本機を所有欲から購入した訳ではなく、幾つかの偶然やトラブルの産物として運命的に私の手元にあると考えています。以来、私が本機を手放すと日本人が零戦を所有するチャンスは来ないのではないかという思いで、日本に里帰りさせると覚悟しました。

本機の購入は、あるプロジェクトのエージェントとして参加したことから、最終的に、私個人が資産を投じて3億5000万で購入せざるを得ない状況となり、以来、維持管理費用などを捻出しながら、今年、日本に里帰りさせるまでに、およそ7年の歳月をかけて、必死の思いで維持、管理して日本へ輸送してきました。ここに辿り着くまでの間に、多くの方のご支援があったことに心から感謝しています。

image
(本機の機体番号)
image
(米からの輸送時の様子)
image
(当時エンジン部分の輸送時の様子)


ご支援金の使途


本プロジェクトは、第二次世界大戦終戦70年を迎える来年2015年に本プロジェクト実現の光が見えた2014年に設立した(株)ゼロエンタープライズ・ジャパンが実行し、集めさせていただく資金は、これからの日本での活動に際して、アメリカから分解して輸送した機体の組み立て、メインテナンス、保管、保険加入など国内飛行の準備資金に使わせていただきます。

今後は、飛行を実現し、そして、最終的には文化遺産として日本国内での本機の維持保管するという目的がありますが、多くの課題はあることは承知しています。何より、今はスタート地点に立つことを切望しています。


零戦は、戦争の象徴ではなく、生まれた背景とその運命から、

正しい歴史を垣間見ることができる重要な文化遺産。


大戦を経験した世代、敗戦後の動乱、高度成長期から平成に生まれた世代は勿論、21世紀に生まれた世代でさえ、「零戦」という名前を知っているかもしれません。ただし、零戦は、戦争の象徴ではありません。零戦が生まれた背景と、その運命から正しい歴史が垣間見える重要な文化遺産のひとつです。

第二次大戦で体験してしまった不幸を二度と繰り返してはならない、という強い意思を持ち続ける象徴としても、この零戦を近代日本の道しるべとして終戦70周年である来年度に日本で飛ばし、これから日本を背負って行く若い世代にもその勇姿を見て何かを感じてもらいたいと心から願っています。


凄い夢のあるプロジェクトですね。そして、2016年1月27日に実行されたようです。

image

零戦を扱った映画


概要

永遠の0
著者 百田尚樹
発行日 2006年8月23日
発行元 太田出版
ジャンル 戦争小説
国 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 448
公式サイト 太田出版 永遠の0
コード ISBN 978-4-7783-1026-4
ISBN 978-4-06-276413-1(A6判)
ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
『永遠の0』(えいえんのゼロ)は、百田尚樹による日本の小説、またそれを原作とした漫画・映画。

ストーリー

大学生の佐伯健太郎と、出版社に勤める姉の慶子は、亡くなった祖母・松乃の四十九日から暫くした頃、祖父・賢一郎から彼が自分達の実の祖父ではないことを知らされる。第二次世界大戦後、松乃は二人の母・清子を連れて賢一郎と再婚しており、実の祖父は終戦間際に特攻で戦死した海軍航空兵だと判明する。

それから6年後、司法浪人が長く続き人生の目標を見失っていた健太郎は、フリーライターとなった慶子から、新聞社主宰の終戦60周年記念プロジェクトのアシスタントを頼まれる。プロジェクトを進める高山は神風特攻隊のことをテロリストだと語るが、祖父の話もありその考えに釈然としない慶子は、このプロジェクトに際して特攻隊員だった実の祖父について調べようと決めた。姉弟はわずかな情報を元にその足取りを追い始める。

厚生労働省や方々の戦友会に連絡を取ったところ、実祖父の名が宮部久蔵であり、関係者9人が存命であることが知れた。その内の一人、戦闘機搭乗員としてラバウル航空隊で一緒だったという人物を訪ねるが、元海軍少尉の男性は久蔵について「海軍航空隊一の臆病者」「何よりも命を惜しむ男だった」と姉弟に蔑みの言葉をぶつけた。

健太郎は元戦友から聞く祖父の話に困惑し、次第に調査を続ける気を無くしていたが、母から健太郎と同じ26歳で亡くなった父・久蔵がどんな青年だったのか知りたいと改めて頼まれ、更に手がかりとなる海軍従軍者達を訪ね歩く。だが、生前の久蔵を知る者達の語ることは「生きるということを教えてもらった」と感謝を述べる者もいれば、「航空隊員として軽蔑されていた」などとそれぞれに全く違っており、調べるほどにその人物像は謎に包まれていた。

戸惑いつつも二人は、国のために命を捧げるのが当然だったと言われる戦時下の日本と、そこに生きた人々の真実を知っていく。凄腕の零戦乗りで、卑怯者と誹られても「娘に会うまでは死なない」と松乃との約束を守り続けていた久蔵は、どのような生涯を送り特攻を選んだのか。終戦から60年を経て、各々の壮絶な生き方と封じられていた事実を明らかにする。

まとめ


日本で唯一の零戦を飛ばすプロジェクトがあってしかもそれを既に実行済みということはびっくりでした。是非、零戦の日にも飛ばしてもらいたいですが、平日なので難しいでしょうか…(⌒-⌒; )

好きな人は、いつも考えてるでしょうが、普通の人は、あまり零戦について考えることはないと思いますが、零戦の日ぐらい零戦について考えてみたり、映画をみてみたりして零戦と触れ合ってみてはいかがでしょうか?




ブログ村のトレンドニュースの注目記事で1位になった記事です。

消費税について考察

良かったらブログランキング2つクリックしてやってください。
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュース ブログランキングへ

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

関連記事

no image

2016年版12月1日はデジタル放送の日。由来や地デジでの4K放送の可能性についてご紹介。

こんにちは、ヒロです。 12月1日は、デジタル放送の日です。由来や地デジと今流行りの4

記事を読む

no image

2016年版12月3日は奇術の日。由来や歴史や技法について紹介

こんにちは、ヒロです。 12月3日は奇術の日です。由来や歴史、技法についてご紹介

記事を読む

no image

2016年版11月2日はタイガース記念日。由来や阪神タイガースの歴史について紹介

こんにちは、ヒロです。 11月2日はタイガース記念日です。由来や阪神タイガースの歴史につい

記事を読む

no image

2016年版8月3日はハチミツの日。由来やハチミツの種類やオススメ紹介

こんにちは、ヒロです。 はちみつの日とは? 全日本はちみつ協同組合と日本養蜂はち

記事を読む

no image

2016年版12月5日はバミューダトライアングルの日。由来やバミューダトライアングルの謎に迫ります。

こんにちは、ヒロです。 12月5日はバミューダトライアングルの日です。 由来やバミュ

記事を読む

no image

2016年版7月11日は世界人口デー。世界人口の定員は何人?100億人までの期間。推移紹介。

こんにちは、ヒロです。 世界人口デーとは? 世界人口デー(World Pop

記事を読む

no image

2016年版7月10日は納豆の日。納豆のランキングやオススメレシピの紹介

こんにちは、ヒロです。 7月10日は納豆の日です。 納豆の日とは? 納豆の

記事を読む

no image

2016年版10月31日はハロウィン。由来や知らなきゃ恥かくハロウィンの知識について紹介します。

こんにちは、ヒロです。 10月31日はハロウィンです。由来や知らなきゃ恥かくハロウィン

記事を読む

no image

2016年版11月28日は税関記念日。由来や税関の仕事内容について簡単に紹介

こんにちは、ヒロです。 11月28日は税関記念日です。由来や税関の仕事内容について紹介

記事を読む

no image

2016年版11月17日は将棋の日。由来やコンピュータ将棋の歴史的な大逆転劇について紹介

こんにちは、ヒロです。 11月17日は将棋の日です。由来やコンピュータ将棋の歴史的な大

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


no image
田村淳に見捨てられた狩野英孝17歳のハニートラップ?相手は?芸人引退と復帰の時期とは?

田村淳に見捨てられた狩野英孝17歳のハニートラップ?相手は?芸人引

no image
狩野英孝17歳のハニートラップ?相手は?芸人引退と復帰の時期とは?何股か?

狩野英孝ハニートラップ?相手は?芸人引退と復帰の時期とは?何股か?

no image
2017年1月16日山-1グランプリinガキ使新年会いよいよ開催。今年ブレイクする芸人は誰だ!?

2017年1月16日山-1グランプリinガキ使新年会いよいよ開催。

no image
年号元号一覧や過去の元号の傾向や法律から予測される新年号とは?

こんにちは、ヒロです。 平成時代が2018年平成30年ま

no image
アサシンクリード映画吹き替え版で斎藤工が声優挑戦。吹替声優やストーリーの紹介。ゲームとの関係性など

アサシンクリード映画吹き替え版で斎藤工が声優挑戦。吹替声優やス

→もっと見る

  • 各種情報商材検索 ※「投資」など自分が調べたいキーワードで情報商材の 検索が出来ます。参考にどうぞ。
               
  • Top television blogs}
PAGE TOP ↑