*

2016年版11月10日はエレベーターの日。由来や世界の珍しいエレベーター8選をご紹介。

公開日: : はやりもの


Sponsored Link


こんにちは、ヒロです。

11月10日はエレベーターの日です。
由来や世界の珍しいエレベーター8選をご紹介

○エレベーターの日


日本エレベーター協会が1979(昭和54)年に制定。

1890(明治23)年のこの日、東京・浅草の「凌雲閣」に設置された日本初の電動式エレベーターが一般公開された。
関聯サイト •日本エレベーター協会 http://www.n-elekyo.or.jp
関聯記念日 •エスカレーターの日 <3月8日>



世界の珍しいエレベーター8選



エレベーターは生活の中では日常になっている乗り物ですが、世界にはいろいろと変わったエレベーターがあるんです!一度乗ってみたいと思うようなものもあれば、怖くて乗れないようなものもあり、エレベーターにはいろいろなものがあるのですね。そんな世界の驚くべきエレベーター8選をご紹介します!


1.アクアドーム(ドイツ)


image
ドイツ・ベルリンの「ラディソン・ブル・ホテル」内に設置された巨大な水槽。一見するとエレベーターには見えませんが、何とこれがエレベーターなのです。高さ25メートル、直径が1メートルあり、円柱水槽としても世界最大のものです。

image
http://news.goo.ne.jp/article/gotrip/trend/gotrip-gotrip_18172.html
水槽の中は五十数種類もの魚が泳いでいますので、エレベーターに乗ると幻想的な光景を見ることができます。水槽の掃除や魚のエサやりは、数人のダイバーたちが行っています。ダイバーの姿を見るのも楽しいですね。



■ 基本情報
・名称:アクアドーム(ラディソン・ブル・ホテル)
・住所:Karl-Liebknecht-Strasse 3, 10178 Berlin, Germany
・アクセス:テーゲル空港から約12キロ シェーネフェルト空港から約20キロ
・電話番号:+49 30 238 280
・公式サイトURL(英語):http://www.radissonblu.com/hotel-berlin


2.ハメットシュヴァント・エレベーター(スイス)

image
http://blog.hangame.co.jp/url.nhn?url=T399429413&m=category&cateid=22&page=5
スイスにあるハメットシュヴァント・エレベーターは屋外にあるエレベーターとしてはヨーロッパ一の高さがあるエレベーターです。スイスの中心部ルツェルン湖沿いにあり高さはなんと153メートル!景色は絶景ですが、高所恐怖症の方は要注意です。

image
http://suttonde.exblog.jp/19991712/
断崖絶壁にあるために、宙に浮いているような感覚になりそうです。絶壁の観光客を上、または下に運ぶためのエレベーターなのですが、上に立っているとエレベーターにたどり着くまでが大変です。高いところが怖い人には吊り橋以上の恐怖感があるかもしれません。
■ 基本情報
・名称: ハメットシュヴァント・エレベーター
・住所: 6006 Ennetbürgen
・参考サイトURL:http://www.myswiss.jp/jp.cfm/area/region/offer-Destinations-LLR-208606.html


3.百竜観光エレベーター(中国)

image
http://blog.nakatanigo.net/lite/image/135414
中国湖南省張家界武陵源の「百竜観光エレベーター」はギネスにも登録されている世界一のエレベーターです。断崖絶壁にへばりつき、335メートルの高さをわずか1分で移動します。エレベーターがある張家界は映画「アバター」の撮影地になったことでも知られています。
image
http://www.x-yw.com/index.php?m=content&c=index&a=lists&catid=209&new=1
エレベーターは1999年に着工し2002年に完成して運行されたものの、安全上の理由から一時閉鎖され、2003年に再び運行が開始されました。環境保護の面から反対する人もいるようですが、歩いて登ると2時間かかるところを1分で移動でき、エレベーター内から絶景を見れるというので貴重なエレベーターです。
■ 基本情報
・名称: 百竜エレベーター
・住所: Wulingyuan, Zhangjiajie, Hunan
・営業時間: 8:00~17:30
・参考サイト(中国語):http://baike.baidu.com/view/2216578.htm

4.サンタ・ジュスタのリフト(ポルトガル)


image
サンタ・ジュスタのリフトはポルトガルのリスボンにあるエレベーターで、通称「カルモ・リフト」と呼ばれリスボンの観光スポットとなっています。

image
http://blog.livedoor.jp/kayoyd/archives/50581295.html
エレベーターは乗っている時間は少ないけれど、レトロな感じで観光客が多く訪れています。一番上の展望台からは町の様子が一望でき、日本の町並みとは全く違う中世ヨーロッパ風の景色が広がります。展望台にはカフェがあり、ほっと一息つくこともできます。
■ 基本情報
・名称: サンタ・ジュスタのリフト
・住所: Rua Aurea and Rua de Santa Justa,Lisbon,Portugal
・アクセス: Rossio駅より徒歩3分
・営業時間: 7:00~22:45
・定休日: なし
・電話番号: +351-21-3613054
・参考サイト:http://www.jtb.co.jp/kaigai_guide/western_europe/portuguese_republic/LIS/107327/


5.グローブ・アリーナ(スウェーデン)


image
スウェーデンのストックホルムにあるグローブ・アリーナは球体形の屋内競技場です。建物自体の大きさが世界最大級で、長径が110メートル、内部の高さが85メートルあります。建物自体の形も変わっていますが、エレベーターも球体で外側を上っていきます。

image
blondinrikard
球形のエレベーターが球形の建物の上を上っていくというのが珍しく、高さもあるため、中からの眺めも素晴らしいです。最高地点は130メートルにも達するので、一度乗ってみたいという人が殺到して、大変人気がある変わったエレベーターです。
■ 基本情報
・名称:ストックホルム・グローブ・アリーナ(エリクソン・グローブ)
・住所:Globentorget 2,121 27 Stockholm
・アクセス:地下鉄「Globen」駅より徒歩
・電話番号:08-600 91 00
・公式サイトURL(英語):http://www.globearenas.se/sv.aspx


6.ゲートウェイ・アーチ・エレベーター(アメリカ)


image
アメリカ、ミズーリ州にあるゲートですが、この中をエレベーターが設置されています。まるで未来の乗り物という感覚で頂上まで行くことができます。頂上は展望室になっていて街の様子が一望できます。アーチはかなり大きく、頂上まで行くのに4分以上かかります。

image
http://kzr.at.webry.info/200903/article_2.html
ゲートの頂上に行くには、このエレベーターに乗ります。エレベーターと言うよりもアトラクションと言うほうが近いかもしれません。中は5人乗りで、かなり狭く窓もないので、閉所恐怖症の人は注意したほうがいいでしょう。
■ 基本情報
・名称:ゲートウェイアーチ
・住所:11 North 4th Street,Saint Louis,MO 63102
・アクセス:st luis駅より徒歩
・公式サイトURL(英語):http://www.gatewayarch.com/


7.メルセデス・ベンツ博物館 エレベーター(ドイツ)


image
ドイツのシュツットガルト市にある「メルセデス・ベンツ博物館」は車好きな人にはたまらない博物館で、日本人向けのガイダンスもあり、飽きずに楽しめるスポットです。数々の車がメインではありますが、注目すべきはここのエレベーター、とても個性的な形をしています。
image

http://schokola-001.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/gomercedes-benz.html
各フロアは緩やかなスロープで行き来することができます。まずは、この近未来的なエレベーターに乗って最上階まで行き、ゆっくりと見て回るのがおすすめです。様々なコーナーがあり、車に特に興味がない人でも楽しめる構成になっている博物館です。

■ 基本情報
・名称:メルセデス・ベンツ博物館
・住所:Mercedesstrasse 100,70372 Stuttgart,Baden-Wurttemberg,Germany
・アクセス:Mercedes-Benz Welt駅より徒歩3分
・営業時間:9:00~18:00
・定休日:月曜日
・電話番号:0711-1730000
・料金:大人8ユーロ 15歳以上4ユーロ 15歳未満無料
・公式サイト:http://www.mercedes-benz.jp/brand/museum/floor.html


8.ファルカーク・ホイール(イギリス)


image
ファルカーク・ホイールはイギリスはスコットランドにある回転式のボートリフトです。世界唯一の回転式ボートリフトであるために観光スポットとなっていて世界の人が訪れます。高低差のある新しい運河と古い運河が、このエレベーターのおかげで船が行き来できるようになりました。

image
http://haikyo.crap.jp/s/1720.html
外から見るだけでも見ごたえがある風景ですが、実際に船に乗って体験するツアーがあります。観覧車のように回転しながら高低差24メートルもある運河を船で移動するという体験は、一生に何度も出来るものではありませんね。



■ 基本情報
・名称:ファルカーク・ホイール
・住所:Lime Rd, Tamfourhill, Falkirk FK1 4RS
・営業時間:10:00~17:30
・定休日:なし
・電話番号:+44 870 050 0208
・公式サイトURL:http://www.thefalkirkwheel.co.uk/






ブログ村のトレンドニュースの注目記事で1位になった記事です。

消費税について考察

良かったらブログランキング2つクリックしてやってください。
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュース ブログランキングへ

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

関連記事

no image

2017年版7月15日はファミコンの日。名作やクソゲーランキングやマリオ計算機など

こちらもオススメ マリオメーカーで計算機 こんにちは、ヒロです。 7月15日はファミコ

記事を読む

no image

2016年版9月24日は畳の日。由来や歴史や種類について紹介

こんにちは、ヒロです。 9月24日は畳の日です。 由来や畳の種類や歴史について紹介。

記事を読む

no image

2017年版8月9日は形状記憶合金の日。由来や原理、使われ方などを紹介

こんにちは、ヒロです。 8月9日は形状記憶合金の日です。 形状記憶合金について知らない人

記事を読む

no image

情報商材の裏側

こんにちは、ヒロです。   情報商材っていろいろありますよね。

記事を読む

no image

2017年版6月30日はトランジスタの日。真空管との違いや役割。テレビの仕組みを見てみよう

6月30日は、トランジスタの日です。 トランジスタという名前ぐらいは、理系教科が苦手な方で

記事を読む

no image

2016年版9月30日はクレーンの日。由来やクレーンの定義や種類など紹介。

こんにちは、ヒロです。 9月30日はクレーンの日。由来やクレーンの定義や種類など紹介し

記事を読む

no image

2017年版7月14日は内視鏡の日。由来や内視鏡の歴史や種類について紹介。

こんにちは、ヒロです。 内視鏡の日です。内視鏡といえば、昔は胃カメラと言うイメージでし

記事を読む

no image

話題の一発簡単レシピ。シャープホットクック。フィリップスのノンフライヤーとの比較

こんにちは、ヒロです。 電気無水鍋「ホットクック」はボタン一つで美味しい料理が作れるス

記事を読む

no image

2017年版7月7日は七夕。七夕の由来からストーリー。子供向けへの話し方など紹介。

こんにちは、ヒロです。 7月7日は七夕です。 七夕の話子供の頃はよく聞いた気がし

記事を読む

no image

2016年版10月4日は宇宙開発記念日。由来や世界と日本の宇宙開発の歴史を紹介

こんにちは、ヒロです。 10月4日は宇宙開発記念日です。 由来や世界の宇宙開発の歴史

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • 各種情報商材検索 ※「投資」など自分が調べたいキーワードで情報商材の 検索が出来ます。参考にどうぞ。
               
  • Top television blogs}
PAGE TOP ↑