*

簡単シリーズ。運動不要。食事制限不要。産後のぽっちゃりお腹を引き締めるこれが熊田曜子式ながらダイエットだ

公開日: : ダイエット関連, 簡単シリーズ


Sponsored Link


こんにちは、ヒロです。

熊田曜子さんお二人のお子さんを出産しながらも素晴らしい体型を維持してますよね。
熊田曜子さんと同じように出産後頑張ってダイエットしようとしてる方も多いと思いますが、
育児に忙しくて運動する暇がない。
育児ストレスの上に食事制限するなんて耐えられない。
とお嘆きなかたも多いと思います。

実際、熊田曜子さんも痩せる目的だけでわざわざジムに通うとかは、
ストレスがたまるのでやりたくない。
実際にデビューしてから腹筋は一度もしたことないそうです。
それなら普段の生活の中でダイエットできないか?と考えて実践してる方法のようです。
どのようなダイエット手法なのか見ていきましょう。

熊田曜子さんが日常生活の中で普段心がけている事。ながらダイエット基礎編


熊田曜子さんが日常生活で心がけている事、

それは、姿勢を良くすることです。

例えば、椅子に座る時は、

1.深く腰掛けない。
2.背もたれによりかからない。
3.机に肘をつけない。
4.足の両膝をくっつけて座る。
5.背筋を伸ばす。
6.お腹を引っ込める

以上です。

このことをまずは基本姿勢として常に意識する。
実際に普段姿勢が悪いなーと思ってる方この姿勢を1時間キープしてみてください。

すごく辛くないですか?

辛いという事はどういう事か?

この姿勢をキープするだけでも腹筋と背筋をしっかり使っているので
普段腹筋背筋を使わない方にはつらい姿勢になっているのです。

つまり、この姿勢をずっとキープするだけで腹筋と背筋が少しは鍛えられる。
基礎代謝も上がる。
日常生活でこれを行うと鍛える時間が半端なく長いので
結果的に何もしてない人と大きな差となって現れるというわけです。



まあ、ただ、何もせずずっと座ってなんかいられないよという方もいらっしゃると思います。
もちろん、これは熊田曜子さんが芸能人でテレビ出演中ずっと座って聞く機会が
多い事から編み出されたことだと思います。

ただ座るだけじゃないスマホを見るときなども熊田曜子さんは工夫してるようなので
応用編として色々紹介していきたいと思います。

ながらダイエット応用編

座ってスマホを見るとき

あなたは、座ってスマホを見るときどのようにしていていますか?

多くの人は、首を少し曲げて斜め下の方を向いてみているのではないでしょうか?

熊田曜子さんは違います。

スマホを立てて真正面を見ながら見るようにしています。

つまり

スマホに目線を向けるのではなく、自分の目線にスマホを持ってくる。

ということです。

このようにすることで基本姿勢を崩さずにキープする徹底ぶり。

更にこの姿勢、腕も鍛えられます。

結構つらい。。

姿勢が崩れそうになったらどうやったら崩れないかを考え実行する。

それが熊田曜子式ながらダイエットです。


机で本を読むとき


机で本を読むときは、あなたはどのようにして読みますか?
本を立てて読む方、本を寝かせて肘をついて読む方いろいろいると思います。

流石に本は重いので熊田曜子さんでもスマホのように目さんの高さに本をもって読むという事はしません。

その代り、熊田曜子さんは考えます。

目線を落とさないようにするには、姿勢を崩さないようにするにはどうすればよいか?

その場の状況で変わってくるとは思いますが、熊田曜子さんは、机の上にポーチを置いてその上に本を立てて
目線の高さに本を持ってきて読みます。

もちろんその場の状況でポーチ以外を使う事もあるでしょうが、何とか応用して姿勢を崩さない。

それが熊田曜子式ながらダイエットです。

畳の上でくつろぐとき

畳の上でくつろぐとき、あなたはどうしますか?

寝そべる方、後ろに手をついて座る方色々いると思います。

正直畳の上は難しいです。

特に他の人と一緒にいると難しいかもしれないですね。

熊田曜子さんも一人でいるときは、壁に背中をピタッとつけて
背筋を伸ばして足を伸ばすようししています。

壁を使えない場合は、ちょっとつらいけど、その場で背筋を伸ばすしかなさそうですが、
熊田曜子さん位日常で姿勢を正してる方ならキープできるかもしれないですが、
始めのうちは厳しそうですね。

可能な限り、壁や道具など使えるものは使う。

それが、熊田曜子式ながらダイエット

家で寝そべってテレビを見るとき

ずっと座ってると疲れるので寝そべってテレビを見たいときもあるでしょう。

そんな時は、グラビアポージング

うつぶせに寝た状態から足をテレビと反対側に体をテレビ側にひねって姿勢をキープしながら見る。

それだけでも筋肉が鍛えられるのでテレビを見ながらでも動かないで姿勢をキープする事で
筋肉を鍛えるというダイエット

これが、熊田曜子式ながらダイエットです。

赤ちゃんを抱っこする時

赤ちゃんを抱っこする時も熊田曜子さんは、美を意識。

赤ちゃんを胸の高さぐらいで持ち、片方の手のひらをひっくり反してもったりすることで
腕の鍛えられる筋肉が変わるので意識してこれを行う。

これが熊田曜子式ながらダイエット

姿勢が悪くなっていることに気づきやすくするためには?

熊田曜子さんぐらい習慣化されてれば大丈夫ですが、
今から始めてみようと思ってる方は、気づいたら姿勢が悪くなっている方も
多いと思います。
そんな方が、姿勢が悪くなった時にすぐにきづくための道具が、
荷物などをしばる紐。

姿勢を正した状態でお腹から背中を一周させて結ぶ。これだけ。

こうしておくと姿勢が悪くなった時に紐が食い込むので
姿勢が悪くなった時にすぐに気づきます。

これでいつでも姿勢をキープ

これが、熊田曜子式ながらダイエット

バストサイズを落とさないために気を付ける事

女性にとって痩せるのと同時にバストサイズが減ってしまう事も気になる事。

熊田曜子式ながらダイエットでは、運動は必要ないが、
軽く運動を追加されたい方でジョギングとかをされる方は、
走る時に胸が揺れるとバストサイズがダウンするらしいので
さらしをまいたりして胸が揺れるのを防ぐことをお勧め。

また、熊田曜子さんの場合は、47kg以下になるとバストサイズが落ちるらしいので
それ以下にはならないように気を付けているという事。
自分の適正体重を知る事も大切。

逆にバストサイズに困ってる方は、一度太って痩せた方が
バストサイズがアップするという事です。

まとめ

産後の熊田曜子さん、元の自分の体系を維持するために自分が出来る範囲のダイエットで
元の体系を取り戻してます。
我々が同じことをしても効果は出ると思いますが、いくら食事制限がないとは言っても
今まで以上に食べたりしたら当然太ります。

例えば、
現在体重が少しずつ減ってきている方であれば、今より体重のヘリが早くなる。
現在体重をキープしてる方であれば、体重が少しずつ落ちていく。
現在体重が増え続けている方であれば、体重の増加が抑えられる。
という各人の状況があると思うので
自分の今の状況に合わせてどれぐらいのペースで体重を減らしたいのかを
考えて食事量を減らす等は必要だと思います。

しかし、熊田曜子式ながらダイエットは生活習慣を良くするという効果も
あるので少しでも痩せたいとか思ってる方は、まず手始めに初めて見るというだけでも
理想のボディーに一歩近づくと思うので今すぐにでも開始できる
熊田曜子式ながらダイエットぜひ試してみてください。





ブログ村のトレンドニュースの注目記事で1位になった記事です。

消費税について考察

良かったらブログランキング2つクリックしてやってください。
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュース ブログランキングへ

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

関連記事

no image

クッキー人気簡単レシピ。3つの材料で誰でも出来る超絶美味しいクッキー紹介。

こんにちは、ヒロです。 今回は簡単シリーズクッキーの人気簡単レシピです。 皆さん大好きク

記事を読む

no image

人気で簡単。40代女性の髪型ミディアムヘアースタイルの写真やアレンジくるりんぱ紹介。

こんにちは、ヒロです。 アラフォーと言われる年にかつかくなってヘアスタイルを変えた

記事を読む

no image

人気簡単レシピ。10分でレンジとフライパンで楽に美味しい厳選レシピ

こんにちは、ヒロです。 仕事から帰ると、「簡単ですぐ出来る夕飯」しか作りたくないですよ

記事を読む

no image

藍藻から取れるヨシノンAがダイエットの苦しみを世の中から無くす!?

こんにちは、ヒロです。 すでに知っている方もいるかもしれませんが、 2017年1月2

記事を読む

no image

簡単人気ポーカー(poker)のカードゲームのルールと基本戦略とチップ使用時の心理戦。

こんにちは、ヒロです。 皆さんポーカー(poker)についてご存知でしょうか?ポーカー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • 各種情報商材検索 ※「投資」など自分が調べたいキーワードで情報商材の 検索が出来ます。参考にどうぞ。
               
  • Top television blogs}
PAGE TOP ↑