*

マイナス金利とは?ローン金利や保険商品や為替への影響

公開日: : 社会情勢


Sponsored Link


こんにちは、ヒロです。

マイナス金利について報道がされて日にちもたちますが、マイナス金利って何?銀行にお金預けるとお金が減っていくの?住宅ローンとかもマイナスとか0金利になって今が買い時?みたいな疑問や不安や期待、いろいろあると思いますが、マイナス金利になる事で私たちの日常にどのような影響が出るかを記事にしたいと思います。

そもそも今回言われてるマイナス金利とは一体何なのか?
通常の銀行の預金の金利がマイナスになるという事でしょうか?そんなことは、普通に考えてあり得ませんね。もちろん経済状態が末期状態になった場合は、そういうこともありうるかもしれません。
しかし、銀行といえども客商売、マイナスにするようなことをしては、預けられている預金を引き出されるリスクもあるため、簡単にはそのようなことは起こりません。
今回のマイナス金利は日本国債を購入した場合に金利がマイナスになります。という事を意味している。つまり、今まで投資商品の中でリスクが限りなく0(日本自体が破産したらただの紙になるのでリスク0ではない)に近く、銀行に預けるより金利のいい商品が日本国債としてリスクを嫌う人が投資対象にしていたと思います。しかし、日本国債がマイナス金利だという事は、リスクが0どころか100%損して帰ってくるという事を意味しています。
なので国債を購入する個人投資家は、格段に減ると思います。
「そんな商品誰が買うんだよ?」と思うかもしれませんが、全くニーズがないわけではありません。
例えば、海外にもヨーロッパのドイツなどマイナス金利が施行されている国はあります。そういう国の投資家で日本よりマイナス金利が大きい国の通貨で日本円との取引をFX(外国為替証拠金取引)で行えば、その国の通貨で保有しているより金利による資金の減少を抑えられるというメリットもあります。
なので日本国債が全く売れなくなって日本がこれ以上借金が出来なくなるという事態にはなりません。まあ、私個人としては、マイナス金利するのをきっかけに新たな借金をしないようにして少しずつでも日本の借金を減らしてほしいところですが。。。日本は1000兆円ほどの借金をしているのは、聞いたことあると思いますが、なぜこれでも日本は大丈夫だと言われているかあなたは知っていますか?今現在、日本人の預貯金額の総額が1800兆円ほどあるから大丈夫だと言われています。。。これっていざとなったら日本で徳政令(借金帳消し)が施行される可能性があるという事ですよ。ほんとに何考えてるんだ?という話ですが、もっと日本の借金が増えるようだと、資金を移すことも考えたほうがいいかもしれませんよ。非常に不便にはなりますが。。。



少し話が脱線しましたが、そもそも日本はなぜ、マイナス金利という状況を作り出してしまったのか?こうすることのメリットは?
もちろん、一番簡単なメリットは、日本国債という形でお金を借りたはずの立場である日本国がさらに何故か金利までもらえるという、借りれば借りるほど得する状態を作り出したという事もありますが(微々たるものですが、これでこのお金を返済にすべて当ててくれれば、借金少しずつ減っていくのに。。)、一番の目的は、銀行が個人や企業にお金を貸し出すように仕向けることです。
銀行は、バブルの時代までは、お金いくらでも貸しますよ。という方針だったのにバブルがはじけて以降、貸し渋りといわれる時代が長く続いてきました。銀行はお金を貸し出すことで利益を出していくのに貸さないのはなんでだという疑問もわくと思いますが、銀行には自己資本比率が8%(国内では4%)を下回ってはいけないという基準があるらしくこれを守るために貸し渋りをしてきた。要は当時の銀行は、ほかの企業が困っていても自分を守るために(自分が生き残るために)貸し渋りをしてきたわけです(残酷なようですが、資本主義の中では当然の行動ともいえる。)が、それでは、企業へお金が回らず、経済活動が活発化せず、さらに不景気になるという悪循環も引き起こされてきました。
では、銀行はどうやって利益を得ていたのか?という疑問の答えが比較的安全な日本国債を買ってきたということです。
しかし、日本国債がマイナス金利になるという事は、安定的な利益を得ることが出来た基軸を銀行は失ったため、本来の銀行の活動である融資活動を活発化せざるを得ない状況になってきたわけですね。
なので、起業したい人にとっては、金利も低く貸し渋りできない状況になっている今が最高にチャンスですね。



ローン商品の金利や保険商品についての影響は、どうでしょうか?
ローン商品の金利については銀行が独占企業だったりした場合は、安定的な金利が稼げない状況では、逆に金利を上げる可能性も0ではありませんが、一応、金利政策というものがあるので住宅ローンや企業への貸し出しで使われるローンで変動金利の場合は、0以下には当然ならないにしてもかなり下がるでしょう。現在のイオン銀行の住宅ローンが0.57%というものがあるらしいですが、この場合でも住宅控除で10年間、借入額の1%が帰ってくることを考えると仮に現金を持っていたとしても
すべて住宅ローンで支払ったほうが得という状態になっているが。固定金利でこのお得な状態になるという事ももしかしたらあり得るかもしれない。さらに消費税分も30万円分返ってくる制度とかもうまく活用できれば、いいですね。
保険商品については、お客さんから受け取った保険料を投資と保険金で使用するが、日本国債を使わなくなるというだけでほかの商品で運用するという状態に変わるだけで大きな変化はないであろうと考えられる。むしろ、日本国債を選択肢から外すことで利回りが良くなり、掛け捨てでない保険商品の戻りがよくなる可能性はあるかもしれないですね。
私も、まだ家は買っていませんが、ちょっとチャンスだと思い、ちょっと家探しの旅に出るかもしれないです(笑)これからが楽しみですね。



ブログ村のトレンドニュースの注目記事で1位になった記事です。

消費税について考察

良かったらブログランキング2つクリックしてやってください。
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村


トレンドニュース ブログランキングへ

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

関連記事

no image

殺人賠償が出来ない加害者を保護する国が賠償責任を負うべき3つの課題

こんにちは、ヒロです。 「殺人事件の遺族の会、損害賠償金「国が立て替え支払いを」」とい

記事を読む

no image

SONY熊本地震で損害を受けるもFelicaのiphone搭載による普及で世界的巨大事業に拡大の可能性

こんにちは、ヒロです。 iphoneにソニーが開発したFeliCa(フェリ

記事を読む

no image

AMAZON(アマゾン)コンビニ進出で既存コンビニで万引き被害が多発する2つの理由

こんにちは、ヒロです。 インターネットでロングテール戦術を用い成功したアマゾンが小売店

記事を読む

no image

速報。成人式はどうなる?成人年齢が18歳に引き下げられるに当たって考えられる影響について。

こんにちは、ヒロです。 ニュース内容 成人年齢の18歳引き下げ 改正案は来年提出も。

記事を読む

no image

ほけんの窓口に行ってみて

私は、今年の4月に結婚をしたのですが、 結婚するにあたり保険について真剣に奥さんと

記事を読む

no image

東京オリンピック日本のテロ対策の秘策自販機スマートベンダーとは?

こんにちは、ヒロです。 日本もとうとうテロ対策に本気で乗り出したみたいです。 東京オ

記事を読む

no image

池上解説で又吉が話した人工知能小説が星新一賞の一次審査通過

こんにちは、ヒロです。 3月19日の池上彰のニュース解説これぐらいは知っておこうSP

記事を読む

no image

韓国大統領朴槿恵の外交力の低さがカリスマ力の無い苛めっ子レベルと韓国メディアでも話題

こんにちは、ヒロです。 韓国の大統領朴槿恵(パク・クネ)の外交が酷いと韓国国内でも話題

記事を読む

no image

後出しじゃんけんのイスラム国よりも怖い世界にとって本当の脅威とは?

こんにちは、ヒロです。 バングラデシュでテロがありました。 そして、イスラム国が犯行

記事を読む

no image

完全保存版完全文書化。池上彰のニュース解説。これくらいは知っておこうSP。

こんにちは、ヒロです。 本日2016年3月19日は、池上彰のニュース解説。 ニュース

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


  • 各種情報商材検索 ※「投資」など自分が調べたいキーワードで情報商材の 検索が出来ます。参考にどうぞ。
               
  • Top television blogs}
PAGE TOP ↑